湘南美容外科でAGA治療してきた【体験ブログ】

湘南美容外科でAGA治療を受ける前

湘南美容外科でAGA治療を受けるまでの経緯は下記の通りです。25歳からAGA治療を始めているので、結構深刻です。。。

  • 子供の頃からおでこの広さに悩んでいた
  • 高校生の時に皮膚科で相談したが笑われた
  • 25歳の時に皮膚科でAGA治療を開始
  • 一年後、湘南美容外科でAGA治療を開始

まず、そもそも小学生くらいの頃からおでこの広さを気にしていました。友達に「おでこに指が4本入ると将来ハゲる」と言われ、実際入ってしまったので、それを本気で気にしたりしていました。

高校生になると、「そろそろ本気でハゲ対策をしないと、もう少し大人になった時にヤバいのでは」と焦りを感じるようになっていました。ちょうどその頃からテレビCMで「AGAは病院で治療できる」ということが宣伝され始めていたので、その影響もあり、かなり勇気を出して近所の皮膚科にAGAを相談しに行きました。しかし、当時まだ16歳くらいで、医者からは「その歳で気にすることじゃない。おでこが広いのはむしろいいことだよ」と笑われてしまいました、、、。

湘南美容外科でAGA治療を受ける前は皮膚科で治療を受けていた

25歳の時、AGA治療のために皮膚科を受診しました。その時にAGAクリニックではなく皮膚科を選んだ理由は下記の2点です。

  1. 病院なのでなんとなく安心できた
  2. テレビCMの影響

しかし、結果的には、AGAクリニックの方がよかったと思っています。理由は下記の2点です。

  1. AGA専門の先生じゃない
  2. 処方してもらえる薬が限られている

1点目については、皮膚科はあくまでも色々な皮膚の疾患を扱っていて、その中でAGAも診察している、という座組みなので、AGAの専門家というわけではありません。

AGAの専門家ではないということは、治療した患者数も少ないですし、知識も専門家と比べれば劣る可能性が高いです。

また、もちろん先生によるとは思いますが、皮膚科として治療している他の病気がある程度緊急性や危険性があるのに比べて、AGAは本人が気にしないのであれば放置しても全く問題ないため、真剣さが足りないこともあると思います。実際は私が受診した皮膚科は、「まあそもそも放っておいても大丈夫なものだし」ということを何度か言っていました。

2点目は、皮膚科では「フィナステリド(プロペシア)」しか処方してもらえないのに対して、AGAクリニックでは「ミノキシジル」も処方してもらえます。

フィナステリド(プロペシア)
AGAの進行を止める働きがある。
ミノキシジル
発毛を促す働きがある

詳しくは別の記事で解説しますが、どちらも処方してもらいたい場合はAGAクリニック一択になります。

実際に私は、皮膚科で処方してもらったフィナステリドを一年間飲み続けましたが、満足がいく改善が見られなかったため、湘南美容外科に乗り換えました。今戻れるなら最初からAGAクリニックに行きます。

ミノキシジルがきっかけで湘南美容外科のAGA治療を決意

上述した通り、私は一年間皮膚科に通いましたが

オンラインで湘南美容外科のAGA治療を予約

湘南美容外科のAGAクリニック新宿本院を受診

湘南美容外科のAGAクリニックで最初のカウンセリング

湘南美容外科のAGAクリニックでタブレットとスプレーを処方してもらう

湘南美容外科のAGA薬で副作用は感じなかった

湘南美容外科のAGA治療の効果